2011年08月13日

放射能の影響

1ヶ月ぐらい前に読んだ本ですが、

中学生の自宅学習法―ナイトー式学習法で、成績はこんなに違う!! (産心ブックス) [単行本] / 内藤 勝之 (著); 産心社 (刊)

中もそれなりに良かったのですが、あとがきを読んですごいショックを受けました。

著者の内藤勝之さんの経歴です(ここからは、著者紹介を引用)
5才の時、股関節カリエスにかかり、小・中学校を7年近く休学する。この間にナイトー式学習法の基本となる非常に能率的な、独自の学習法を考え出す。京都大学工学部卒業後、同大学院工学研究科修士課程修了。大学院在学中、京都洛南高校で数学を教える。大学卒業後、企業の研究所に就職。英検1級を取得後、会社より派遣されてカリフォルニア大学の大学院に留学し、修士号、博士号を取得。留学中、学部で有機合成化学の講座を教える。その後病気のため会社を退職し、妻と共にナイトー塾を始め、10年余りの研究の後、ナイトー式学習法を完成する。平成5年3月、長期にわたる病との闘いを終え、惜しまれながら死去

現在本が手元にないので、覚えている範囲で書きますが、病気のために会社を退職し、その後長期にわたって病と闘かったものの亡くなってしまったのですが、その亡くなった原因が、幼少のときに「股関節カリエス」という病気の治療に放射線治療を頻繁に行ったため、その影響が出てがんになってしまったのではないか、と書かれていたことです。

福島原発の放射線の影響が子ども達にどう出るのか?と騒がれていたときだったので、本当にショックでした。内藤さんが放射線の治療を受けたころはその副作用がどう出るかと言うのがわからなかった時代であったようです。







posted by りんりん at 16:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。