2011年10月23日

6MX67

娘の学校の宿題は、私から見ても毎日こんな量よく出すなーという量です。やらせたくない気持ちはあるけど、私が代わりに毎日やるのも辛い。正直私もやりたくない。たまに手伝うくらいであとは見なかったことにしてます。やらなくてもいいのですが・・・。やらないと残こされるようで、遊びに行きたいためとりあえずやっています。

しかし、本気でやりたくなくて(体が受け付けないよう。気分的に手も足も出ない感じだったので)どんぐり問題と交換で私がやることにしました。

選んだのが6MX67

<6MX67>  月  日(  )
ここアリンコ町3丁目の消防署には、45 秒間に1リットルの消火活動ができる特別部隊の隊員が30 名います。先日、大火事が発生し、この特別部隊が出動して大活躍しました。火事は消火活動が始まってから30 時間で鎮火しました。
この火事では前半の15 時間は特別部隊の全員が消火に当たりましたが、後半の15 時間は特別部隊のうちの10 人は人命救助に当たったので消火活動はできませんでした。では、後半に使用した水の量は全体で使った水の量の何%にあたるでしょうか。


2,3分でしょうか?出来たけど、あまりにも簡単だったから違うかも?と。

45秒 1L×30

15時間=30人
15時間=20人
   =50人
        答え40%


これだけ。
計算はしてないような・・・。
45秒 1L×30 
これは最初の文章を読んで、文章どおりに書いただけ。

(前半)15時間=30人
(後半)15時間=20人
(全体は)  =50人

式にするとしたら、20/50×100=40 でしょうか。

20÷50をやろうと思ったけど、(50と20という数字を見て計算しなくてもいいと思ったらしく)全体を2倍にして100にすれば、後半の20人が2倍で40になる、だから40% と答えを出したようです。


私:「45秒が関係ないってよくわかったね〜。」

娘:「はじめ面倒そうな問題だなと思ったけど、あれ?って気がついた。」

そして、嫌な予感がして、自分が解いたノートを見ると、私、45秒使ってる!めちゃくちゃ計算してる!

娘:「本当はこういう計算しないとダメなんでしょ?私のはズルだよね?テストの時はこうやらないとダメでしょ?」と。

私:「45秒が必要ないってわかった人が頭がいいんだよ。ママみたいに45秒使って計算しても答えは出るけど、計算に10分ぐらい使うよね。気がついた人は、2,3分で終わる。テストだと45秒使わないって気が付いた人が勝ちだよね。早く終わったら他の問題に時間掛けられるしね、見直しもできるし。」


宿題をやりながら、トホホな気分でした。
数字を見てすぐ計算するのではなくイメージしないとダメだな、と私が反省したのでした。
娘の解き方と自分の解き方を比べて見るのも楽しいです。
しかし、宿題の量本当にどうにかならないものかな。
下の子は、先生が理解してくれて減ったんですけどね・・・。
大変だけど宿題マシーン稼動するしかないかな。

posted by りんりん at 02:08| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | どんぐり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。