2012年07月03日

リンク集

左のどんぐり関係のリンク集、どんぐり倶楽部のURLも変更になったので直しました。

YouTubeのリンクも利用してください。
posted by りんりん at 20:31| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | どんぐり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月23日

小さな勉強会〜どんぐり倶楽部の教育講演会_in_2012

どんぐり倶楽部のHPより勝手に転載

(はじめて案内を見たときは、ずいぶん先の話だなと思っていたのですが、もうすぐじゃありませんか!)


●考える力・絶対学力を育てる「どんぐり倶楽部」代表・T.Itoyama先生の講演会
「小さな勉強会〜どんぐり倶楽部の教育講演会_in_2012〜」のお知らせ
●「どんぐり倶楽部」主催の最初で最後の講演会です。大阪での開催としました。
●参加費は無料です。

<メニュー>
1,どんぐり倶楽部とは(どんぐり倶楽部ができるまで)
2,どんぐり倶楽部ができること
3,どんぐり倶楽部ができないこと
4,使用上の注意とお願い
5,過去・現在・未来
6,Q&A

もっと詳しく(クリック)
posted by りんりん at 22:29| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | どんぐり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月23日

6MX67

娘の学校の宿題は、私から見ても毎日こんな量よく出すなーという量です。やらせたくない気持ちはあるけど、私が代わりに毎日やるのも辛い。正直私もやりたくない。たまに手伝うくらいであとは見なかったことにしてます。やらなくてもいいのですが・・・。やらないと残こされるようで、遊びに行きたいためとりあえずやっています。

しかし、本気でやりたくなくて(体が受け付けないよう。気分的に手も足も出ない感じだったので)どんぐり問題と交換で私がやることにしました。

選んだのが6MX67

<6MX67>  月  日(  )
ここアリンコ町3丁目の消防署には、45 秒間に1リットルの消火活動ができる特別部隊の隊員が30 名います。先日、大火事が発生し、この特別部隊が出動して大活躍しました。火事は消火活動が始まってから30 時間で鎮火しました。
この火事では前半の15 時間は特別部隊の全員が消火に当たりましたが、後半の15 時間は特別部隊のうちの10 人は人命救助に当たったので消火活動はできませんでした。では、後半に使用した水の量は全体で使った水の量の何%にあたるでしょうか。


2,3分でしょうか?出来たけど、あまりにも簡単だったから違うかも?と。

45秒 1L×30

15時間=30人
15時間=20人
   =50人
        答え40%


これだけ。
計算はしてないような・・・。
45秒 1L×30 
これは最初の文章を読んで、文章どおりに書いただけ。

(前半)15時間=30人
(後半)15時間=20人
(全体は)  =50人

式にするとしたら、20/50×100=40 でしょうか。

20÷50をやろうと思ったけど、(50と20という数字を見て計算しなくてもいいと思ったらしく)全体を2倍にして100にすれば、後半の20人が2倍で40になる、だから40% と答えを出したようです。


私:「45秒が関係ないってよくわかったね〜。」

娘:「はじめ面倒そうな問題だなと思ったけど、あれ?って気がついた。」

そして、嫌な予感がして、自分が解いたノートを見ると、私、45秒使ってる!めちゃくちゃ計算してる!

娘:「本当はこういう計算しないとダメなんでしょ?私のはズルだよね?テストの時はこうやらないとダメでしょ?」と。

私:「45秒が必要ないってわかった人が頭がいいんだよ。ママみたいに45秒使って計算しても答えは出るけど、計算に10分ぐらい使うよね。気がついた人は、2,3分で終わる。テストだと45秒使わないって気が付いた人が勝ちだよね。早く終わったら他の問題に時間掛けられるしね、見直しもできるし。」


宿題をやりながら、トホホな気分でした。
数字を見てすぐ計算するのではなくイメージしないとダメだな、と私が反省したのでした。
娘の解き方と自分の解き方を比べて見るのも楽しいです。
しかし、宿題の量本当にどうにかならないものかな。
下の子は、先生が理解してくれて減ったんですけどね・・・。
大変だけど宿題マシーン稼動するしかないかな。

posted by りんりん at 02:08| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | どんぐり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月13日

思考力じゃなくて視考力

なかなか更新できませんが、久々にどんぐり問題のことを。

6年生の長女、ぼちぼち6MXの問題に取り組んでいます。
最近特に、視考力すごいなー!!と思うことが多いので、がんばって記事にしてみました。

思考力じゃなくて視考力。視考力とは、すなわち目で考える力。

どんぐり倶楽部の文章問題は、視考力をつけるための問題なのです。


<6MX85> 
河童のガッパ君と河童のアッパ君がお皿で水撒き競争をしました。ガッパ君は、アッパ君が40 分で水撒きを終えた広さに水を撒くのに1時間かかりました。
では、同じ広さを2人が協力して水撒きをするとすると何分で水撒きができるでしょうか。


この問題をじっと見ていた娘、
「答えって、何分で終わりだよね? 何秒までないよね?」

なんでそんなことを聞くのかと思ったけど、何も考えずに、
「秒はないよ」
と言うと、うれしそうに、じゃこの問題をやろう!と取り掛かる。


私は6年生問題はすべて解いていて、その中で自分が解いた中で難しかったり、いい問題だなと思ったものには☆マークをつけています。
この問題は☆が3つもつけてあったので、内心そんなに簡単には解けないだろうと思ったのでした。


さっさとノートに書いて、出来た!という。答え25分!!

そんなにさっさと出来る問題じゃないよ?と答え合わせをしてみると、ちょっと違う(笑)

ブー。違います!と言うと、26分?と。

オイオイ、そんな答え方はあるかい。やりなおし!!


絵を書いて、ぶつぶつ独り言。

20分ぐらい絵を見てましたが(私はすっかりあきらめたと思ってましたが)

出来た、と。

答えは合ってましたが、私はその絵を見て、そんな解き方があったのか!と。まさしく視考力。眺めて解いたという感じ。

解き方をまとめてみました。(クリックで拡大)
6MX85.pdf

問題を解く前に、何分かで終わる?と聞いた娘の意図がわかりました。文章を頭で絵図にして、だいたい20分-30分の中に答えがありそうだなと思ったのでしょう。そして途中まで絵を描いたところで、おおよそ、24・25・26分が答えかなと勘が働いたのでしょう。(解説の中の、残りの一マス分の分け方で最後悩んでました。)



同じような問題ですが、これも視考力で解いてみませんか?

<6MX39>  月  日(  )
河童のガッパ君とアッパ君が自分達の畑に水撒きをしました。ガッパ君1人だと水撒きが30 分、アッパ君1人だと1時間半かかります。今日は、ガッパ君と同じ水撒き能力のあるガッパ君2と、アッパ君と同じ水撒き能力のあるアッパ君2が、手伝ってくれる事になったので、4人で同時に水撒きをします。では、9時50 分のチャイムと同時に水撒きを始めると何時何分何秒に終わるでしょう。


絵で書くと、答えは簡単でした。
私が最初に解いたときは、めちゃくちゃ計算しちゃいました。
(答え:クリックで拡大)
6MX39.pdf


posted by りんりん at 00:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | どんぐり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月10日

DONGURI-USB


DONGURI-USBが届きましたぴかぴか(新しい)

ちらっと中をのぞいてみました。
中身がすごいです。
まあ、私は、かなりの部分を別で持っているのですが、何も持っていなくて、はじめてUSBを購入した人は、中身の量にびっくりでしょう。私は、過去ログだけで3ヶ月かかったような・・・。


光テレビで深夜まとめて放送していた、未来少年コナンを録画しました。子ども達に、これおもしろいよと何度言っても見なかったんだけど、私が見てるとだんだん引き込まれていったようで。毎日2,3話ずつ見て、やっと最終回に。子どもたち、コナンすごい!強い!おもしろいとコナン大好きになってました。
(途中、アニメを見ながら、福島原発事故を思い出さずにはいられませんでした。)


posted by りんりん at 00:30| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | どんぐり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月14日

申込完了!

10周年記念「DONGURI-USB」

本日やっと申込しましたぴかぴか(新しい)

楽しみです。

毎日忙しくてもうやだ〜(悲しい顔)

それというのも、二人分の宿題に追われて…。

上の子の宿題、半端じゃないくらい多い。
一日だけだったら我慢してやるけど、毎日毎日、よくこれだけの量を出すと呆れています。
私のストレス溜まりっぱなし。。。

下の子も、似たようなもので。
上の子の分はあきらめて、本気で計算しまくり、辞書ひいて調べて頑張って終わらせているけど、下の子の先生には気持ちが通じるようにお手紙書いてがんばっていたが、長女、それを見て、「手紙書くより宿題やったほうが早くない?」と。
いや、今後この宿題を続けるかどうかの問題だから、と言うと納得したようでふらふら

まあ、とにかく。何も考えないで宿題出しているとはっきりわかります!
宿題やるなんて、なんて親!って思うでしょうが、とにかく騙されたと思って、自分でやって見ることをオススメします。その時の感情の、何倍ものストレスを子供は受けていると思って下さい。

私が必死で宿題やっているからでしょうか。子供たちのどんぐり問題もどんどん進んでいます。

長女は、半年ぐらいの間に6年生問題を四分の一、こだま先生の絵解き「お話」文章題20問ぐらいやりました。5年生以下もいくつかやっていたようです。
できそうな問題を選んでいるからかもしれませんが、ほとんど正解ですひらめき

下の子は、すんなり導入できたので、苦労しらず。お姉ちゃんの進化を知っているので、どう成長するか楽しみ。


本当、どんぐり問題すごいです。子供が自分で考えるのを待つことが出来れば、あとは勝手に伸びていきます。


posted by りんりん at 00:34| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | どんぐり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月08日

DONGURI-CLUB Special Ver.2011

■「DONGURI-CLUB Special Ver.2011」■

DONGURI-USB.jpg

かっこいいね!
■CD購入済みの方は5000円での販売になります。

ってことは〜。私は5000円でいいのね。
ほとんど持ってるし、欲しいけどいらないかなと思っていたら、ずいぶんと追加情報が!!

【追加情報】指導者養成講座の記録:音声<第一回指導者養成講座の記録です>→低画質の動画になるかもしれません。
【追加情報】糸山先生の添削の様子:動画<現在行われているどんぐりポケットの添削風景です>...年間使用テキストを決めるポイント解説付き
     ※別途、添削の仕方、作品からわかる子供の状況の判断方法なども入ります。←初めての収録です。コレは貴重!
【追加情報】コトノハ通信(どんぐり倶楽部の情報誌:具体的な子供達の守り方、工夫の仕方がどんぐり父母の声で語られている実践記録)を追加
【追加情報】USBは永久保証です。(無料にてデータ復元:USBが物理的に壊れても実費にて対応)
【追加情報】USBは永久更新(無料にて最新版への書き換え)
【追加情報】掲示版過去ログを時系列に並べ替えていただきましたので、全てをPDFにして時間を追って読めるようにしました。
【追加情報】利用者の声→A5縦書き三段構成
【追加情報】2GBから4GBに変更(価格は据え置き)

これは、買えってことか!

↓笑った。どんだけ情報入れたのか〜。
【追加情報】2GBから4GBに変更(価格は据え置き)

みんな覚悟じゃ!

posted by りんりん at 00:40| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | どんぐり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月10日

近況

近況をいくつか。

・糸山先生の7時間英語講座、無料ダウンロードはしましたが、もうちょっと画像がよいものを見たいとDVDを注文しました。今のところ2回見ました。時間が作れれば繰り返し見たいです。この英語講座を見て、ずっと苦手だった英語をもう一度勉強したいと思いました。なかなか勉強時間が作れないのですが、久しぶりに英語をがんばろうと思っています。

・今年になってから良質の文章問題の6年生問題をやり始めました。夏休みに全問終わりました。上の子がたまに6年生問題をやるのでやった後にお互いの絵を見比べています。

・上の子は順調に良質の文章問題をやっているのですが、先日数えてみたら解いた数が350問を少し越えていました。5年生問題が25問ぐらい、6年生問題も12問やっていました。これは結構驚きでした。

・ずっと避けていた筋肉豆腐問題、長女は食わず嫌いのようにまったくやっていませんでした。しかし、1問解いたら面白かったようで今はわざわざ探して解いています。

・下の子は、文章問題を拒否反応もなく始められたので順調です。絵をもっと丁寧に描いてほしいのが悩みです。上の子が2年生のときに泣いて苦労してやっと解いた問題を、下の子はさらっと解くので驚きます。違いは、上の子は1年生のときに計算問題をたくさんやらせてしまったこと・・・かな。

・お友達のママ数人と話していたら、私を除いた皆が「ソロバンってすごくいいから、子供に習わせたい」と言っていました。さらに、フラッシュ暗算ってかっこいい!すごく頭が良さそうだよね、と言っていました。すでにソロバンをやっている子のお母さんが、「計算はすごい早いよ」と言うのを複雑な思いで聞いていました。

・テレビを見てたら、ブロックで積まれた字を当てると言う問題が出て、上からみると答えが見えるものを、斜めから見たり横からみたりの映像ですぐわからないような問題でした。映像が出ると上の子がこれは得意。答えが見えるからすぐわかると一瞬で答えを言ってました。私はまったくわからず。すべて即答だったので、これも視考力?と驚きました。
posted by りんりん at 22:10| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | どんぐり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月03日

掲示板終了について

掲示板の過去ログ、見ました。
子育てと学習相談-2010.04-終了


>どんぐり倶楽部の果たす歴史的役割は非常に大きいことはまちがいありません。もっとやわらかい感じの、外に開かれた新しいどんぐり倶楽部がこれからもっと大きく飛躍していただけるものと期待しております。
●有り難うございます。ただ、その役割は私の役割ではないんです。
 だから、どんぐり倶楽部なんです。

この部分【もっとやわらかい感じの、外に開かれた新しいどんぐり倶楽部】よくわかります。
私もそう思ったことあるし。掲示板で、過去ログに書いてあります、なんて回答だと厳しいなって思ったときもあった。(でも過去ログは絶対読んだほうがいい・・・。)批判が激しいってそう言う意見もよく見るし、もう少しみんなに好かれるようなやさしい言い方すれば損しないような気にもなったときもあった。(このことについては、先生もそういうアドバイスを受けることがよくある・・・等HPに書いたときもあったけど、探したけど見つからなかった。)

でも、
ただ、その役割は私の役割ではないんです。

って部分を読んだとき、ピーンと来た!

そうなのだ。
私は、友達にどんぐり倶楽部を勧めるとき、実は、人によって、この人にはしまりすさんのどんぐりの説明の方がいいだろうな、こだま先生のブログがいいだろうな、チャコさんのブログがいいだろうな、と使いわけているのだ。あとは先生の本を貸して、HPは情報が多すぎるから本を先に読んだほうがわかりやすいかな?と言っている。
でも、結局は行き着くところは、どんぐり倶楽部のHPなんだけど。



だから、どんぐり倶楽部なんです。

そうなんだ!だからどんぐり倶楽部なんですね〜。
最初から倶楽部ってつけるところが、さすがですね。

【もっとやわらかい感じの、外に開かれた新しいどんぐり倶楽部】の役割って、皆さんですよ〜。よっしゃ、私もがんばろう〜。




posted by りんりん at 01:41| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | どんぐり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月02日

講演会など

大事なお知らせなので、もう一度

その1 
♪2010年 東京・糸山先生&どんぐりっ子達の交流会 のご案内♪

その2 
♪2010年 東京・糸山先生&親達のトーク会 のご案内♪

その3 
♪2010年 糸山泰造 成田講演会のご案内♪


詳しくはこちら
posted by りんりん at 00:23| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | どんぐり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月13日

私もどんぐり2

4月ごろまで忙しいのでブログの更新も頻繁にできない予定です。

下の子の卒園ももう少し。入学にむけてお風呂でデンタくんを遊びながら教えています。

先日、私もどんぐり倶楽部の文章問題をやりはじめたって書いたのですが、楽しくて60問ぐらいやってしまいました。やってみて、本当にいい問題ばかりだな〜と実感。週1回でも力つくわ・・・。こんな問題できて幸せだよ〜。全部終わったら好きな問題のランキングでも載せます。

娘が「私でも出来る6年生問題まだある?」って聞くので、これはできそうと渡したら、これはリンコちゃんが花屋でバラを買う問題と同じだよ。やったよ〜。3年生問題だよ。なんで6年生問題に入っているの?と騒いでいました。

ところで6年生問題の中にも手ごわいものがたくさんありました。娘が6年生になってそれらの問題に挑戦するのが楽しみです。



posted by りんりん at 17:26| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | どんぐり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月24日

私もどんぐり

今年の目標、何か目標を・・・と思っていたのですが、
今年は下の子も1年生になるし、私もどんぐり問題まじめに解いてみようと思い立ち、6MXから適当に選んでやり始めました。

娘は、3年生と4年生の問題をやっていて、5年生・6年生の問題を見たことはなかったのですが、きっと相当難しいだろうと思っていたら、たしかに難しいのもあるのだけど、意外とこれ6年生問題?と思うのもあって、『どんぐり問題に学年は関係ない』ということがわかったような・・・。

そんな中、<6MX20>を解いてみたら、イメージしやすい問題だし、複雑な計算もないし、娘でも解けるんじゃないかと思って、学年を隠してやらせてみた。

思ったとおりあっさり解けた。
「当たってるよ。ママも解いたんだよ。」と見せると、
「えー。3年生問題やってるの?」と聞いてきた。

「残念!3年生問題じゃないんだよ。何年生問題だと思う?」
と言って問題の番号を見せると、
「えーぴかぴか(新しい)6年生。信じられない!」と驚いていた。
とってもうれしそうでした。
まあ、もっと難しい4年生問題もたくさんあるし、本当に学年は関係ないんだと思いました。


まじめにどんぐり問題を解いて思ったこと。

絵が書けない。絵とは、ハム太郎とか、ありんこ、とかアッパ(カッパ)君とか。変な絵(でもまじめに描いている)で子ども達から笑われています。娘が、ハム太郎とか出てくると、お手本になるもの何か見たい!と言うことがあるのですが、気持ちがわかりました。
年長の下の子は、そんなことなくすいすい描いちゃうんですね。

あと、XとかYとか使わないで解くようにがんばってます。

2日で、10問解きました。娘に、どんぐり問題の最初の注意事項『まとめてやらない』を指差されましたあせあせ(飛び散る汗)

posted by りんりん at 14:36| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | どんぐり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月10日

「分からん帳」と「取って置き問題」

娘のどんぐりは順調です。
はじめたころは、在学年の問題に取り組むことができる日が来るのだろうか?と思っていたのに、今は4年生の問題を自ら選んで解いています。

先日、そんな中から選んだ、<4MX21>
当然?と言うか^_^; わからん帳行きとなりました。
それなら、私がやろうと軽い気持ちでやり始めたが・・・
ははは・・・わからないふらふら
<6MX58>も同じ。わからない。
答えを見ても今ひとつで、
「あ!センセー答え間違ってるんじゃない?」と思って何人かの同僚にメール。(昼休みに)

早い!!!!がく〜(落胆した顔)
2問、10分後にメールが来た。
(回答をメールを打っていたとしたら、5分ぐらいで解いたってこと?)
残念ながら答えは合っていた!(あたりまえ)

下記がいただいたメール↓

短い針を長い針が追いかける問題なので
短い針は30度/1時間
長い針は360度/1時間
なので差は(360-30)度/1時間

<6MX58>
@3時との時、差は90度なので
90÷(360-30)×60=180/11
(最後の60は時間から分への換算)

答.3時180/11分 

<4MX21>
A同様に8時の時、差は240度なので
240÷(360-30)×60=480/11

答.8時480/11分


この方、算数は大好きだそうで。
また楽しい問題教えて下さい、だってパンチ
しかし、式を見てもピンとこないのが情けないもうやだ〜(悲しい顔)

過去ログから↓
●「分からん帳」と「取って置き問題」 レオン117さん
●「どんぐり」の仕掛け「取って置き問題」について。例えば<4MX21:時計問題>...これは3年間考え続けて貰うための問題です。つまり最初から「分からん帳」行きを予定してあり、毎年2回くらい目にするようにココに置いてある問題です。で2年後に<6MX09:蛇亀問題>を解いていて気付くんです。時計問題とどこか似てるなぁ...ココで距離を角度に置き換えたり時計の進みを距離に変換できると問題の本質が同じだと分かります...でも分からなくても大丈夫...<6MX58:時計問題>でまた、同じ思考回路を別の角度から要求されます。...それで分からなくてもOK。これらの問題が「分からん帳」に集まることで、それぞれの絵図を見比べることが出来ます。すると見えてくるからです。これが小4から小6までの3年間、無意識下でさえも考え続ける(思考回路を作り続ける)状態を作り出す問題なんです。さらに、実は、途中にもっと多くの何段もの仕組みを入れてありますが、それはヒミツです。「解き方」を守って「分からん帳」を作っていれば思考力養成はできるようになっているんです。だから、「解けないから〜」は全く意味がないんですね。大事なのは<見えないもものを見る力>→書いてない数字を見えるようにする力。「分からん帳」が宝物である所以です。 (2007年02月22日 13時16分10秒)

posted by りんりん at 23:16| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | どんぐり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月15日

イメージフィックス法(漢字)

再生回数が少なかったので。

でもオススメなので、まだ見てない方はぜひ。5分ぐらいです。

感情をつぶすような勉強は絶対ダメ!!
漢字は一度も書かないで覚える!!

posted by りんりん at 20:36| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | どんぐり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月07日

マインドマップ

どんな感じだろうと試しに作ってみたひらめき

結果、まとめきれない〜と思ったりしてあせあせ(飛び散る汗)
(まだ途中です)

posted by りんりん at 23:48| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | どんぐり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月14日

一時的に在庫切れ?


12歳までに「絶対学力」を育てる学習法―すべての教科に役立つ万能の思考力を伸ばす

12歳までに「絶対学力」を育てる学習法―すべての教科に役立つ万能の思考力を伸ばす

  • 作者: 糸山 泰造
  • 出版社/メーカー: 草思社
  • 発売日: 2007/09/08
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)





もしかしたら糸山先生の新刊とかヒットしないかと思って検索してみたら、ヒットはしなかったけど、12歳までに〜の本にこんな一文が。

一時的に在庫切れですが、商品が入荷次第配送します。

あれれ?もしかしたら重版?
でも、草思社のHPで検索しても品切れって出るんだけどね。

新品は手に入らないかとあきらめていたから、入荷するとうれしいな。

posted by りんりん at 23:52| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | どんぐり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月07日

ミオンくん

ミオンくんだって。かわいいね。
http://homepage.mac.com/donguriclub/3MB11.gif
posted by りんりん at 18:03| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | どんぐり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月30日

更新情報

夏休み、最後の追い込み(遊びの追い込みぴかぴか(新しい))で力尽き、ブログ更新はサボってしまいました。
また再開です。

大きな更新はなかったです。
とりあえず、最近のを載せておきます。
ときどきわからないうさぎギャグ(おやじギャグ?)を見ますが・・・。

======== 日々雑感 ======== ▽
【2009.08/29】...スパエリって何だ?

======== 日々雑感 ======== ▽
【2009.08/18】...朝日新聞・夕刊<花まる先生公開授業>HPに載ってますね。ココ(新聞はコチラ)

あと、古いけどこんな記事を見つけました。丹後でどんぐりがんばって欲しい。
posted by りんりん at 01:23| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | どんぐり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月21日

昨日の講演で覚えていることのいくつか

昨日の講演であたらしい本(問題集?)が出るようなこと言ってた気がします。9月?

絵で解く算数みたいなのかな?

絶対学力の本は、先生がHPを公開して半年ぐらいたったころ出版社の方から本にしたいって声がかかったそうですよ。出版者の方はご自分のお子さんのためにサーチしていて、どんぐり倶楽部を見つけたそうです。

絶対学力って韓国版があるんですね。
同じページから絶対学力の本の内容はe-bookとして見れるのですが、
やっぱり本がいいですね。いつでもパラパラと見れるのはいいですよ。
中古でしか手に入りませんが、お勧めです。

アマゾンで時々チェックしてますが、中古もじわじわと高値になってます。新・絶対学力も中古価格が上がってます。
語順訳が一番詳しく載ってるのは、新・絶対学力かな?

過去ログは、あれだけで何冊もの本になるって言ってました。過去ログはやっぱりみんなに読んで欲しいようです。

あとは、HPをジャングルHPって言ってたので笑っちゃいました。



posted by りんりん at 23:17| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | どんぐり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月20日

糸山先生10時間講演

糸山先生10時間講演
http://homepage.mac.com/donguriclub/Lec_09_07_20.html

第一部の前半、そろそろ終わりそうです。

子どもが走り回っているので落ち着いて聞けないのですが・・・。(ダンナに今日一日子どもを託しているのですが、すでに怪しい気配。)

10分の休憩です。




posted by りんりん at 11:06| 東京 ☁| Comment(10) | TrackBack(0) | どんぐり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。